2015/1/19(月)に吉祥寺スターパインズカフェLIVEのお知らせ!

きたる2015/1/19(月)に吉祥寺スターパインズカフェにてAcoustic Sound Organizatioのライブを開催します!

新年1発目のライブは新しい事に挑戦しよう、という事でSonascribeの林本陽介くんとウクレレデュオでの演奏に挑戦してみます!林本陽介くんがやっているウクレレでRockを弾く、ウクレレロックスのコンセプトと、僕のウクレレソロを交えた楽しいライブになると思いますので、是非お越し下さい!

「吉祥寺Star PINE'S Cafe ライブ」
日時 2015年1月19日(月)
場所 吉祥寺スターパインズカフェ
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
出演
Acoustic Sound Organization
ari / キッチン / 犬井彩夏

開場18:30/開演19:00
Acoustic Sound Organizationの出演は20:30からになります!
前売り¥2500+1drink/当日¥2800+1drink
人数 残り19名様(定員25名)
予約申込 ukulele.aso@gmail.com まで、「お名前」と「予約人数」を記載の上メールを送信ください。 件名に「吉祥寺スターパインズカフェライブ参加希望」と明記いただければ助かります。

地図

2014年9月30日(火)Star Pine's Cafeにて「Acoustic Garage」開催決定!

来る2014年9月30日(火)にStar Pine's CafeにてAcousphere Recordによるイベント「Acoustic Garage」を行います!

今回で5回目の開催となるAcoustic Garage。
ジャズ、ポップス、R&Bとジャンルを越え、ウクレレの可能性に挑戦するAcoustic Sound Organization。
ブラジリアングルーヴでポップスの名曲をアレンジするブラジリアンギタリスト外園健彦。
アコースティックギター2本でフルバンドのようなグルーヴを生み出すSonascribe。
ソロギターで独自の世界観を築くニューエイジギタリストAerial。
やわらかな歌声とそれを包む暖かなギターのアンサンブルが魅力ボーカル&ギターデュオParanoa。 
さらに今回はAcoustic Garage初出演ミュージシャンも多数迎えてさらに盛大なイベントになります!

ギター、ウクレレ、ボーカルとそれぞれの多彩なスタイルの音楽でみなさんをお迎えします! 
夏の暑さも和らぐ9月の終わり。 吉祥寺で音楽に包まれた夜をお過ごしください! 

皆様の予約をお待ちしています!

  Acousphere Record presents
「Acoustic Garage @ 吉祥寺Star PINE'S Cafe」
日時 2014年9月30日(火)
場所 吉祥寺スターパインズカフェ
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
出演 Acoustic Sound Organization /Sonascribe / Aerial / Paranoa / 外園健彦 / Root Blue
開場18:30/開演19:00
前売り¥3500+1drink/当日¥4000+1drink
予約申込 yoheichitarra@gmail.comまで、「お名前」と「予約人数」を記載の上メールをお送りください。 件名に「Star PINE'S Cafe予約」とご明記願います。 出演アーティストの映像です!

ウクレレの正しい持ち方を考えよう!(よくある持ち方のメリット・デメリット)

たくさんのウクレレプレイヤーがいろいろな持ち方でウクレレを演奏しています。それぞれの方法にメリット、デメリットがあるのですが、ギター等の他の弦楽器奏者もウクレレを演奏するようになって、ウクレレの奏法自体もどんどん進化していっています。そんな新しい奏法を演奏するために、そしてもっと良い音で演奏するために、僕も様々な持ち方を試してきました。そこで今回は一番良いウクレレの持ち方について考えてみたいと思います。

まずはレッスンの生徒さんたちの中で見てきた持ち方のメリット・デメリットを上げていきます。

1.ウクレレスタンダード奏法
右手でウクレレをかかえて右手の親指で弾く奏法です。単音弾きの時によく使われますが、初めてウクレレを触る方には弾きやすい奏法ではないでしょうか。メリットは親指ならではの柔らかい音が特徴的ですが、右手が自由に使えないので1,3,4弦だけ弾きたい時などには使えないテクニックです。またオルタネイトストロークが使えないのでリズムを出すのには向いてない持ち方です。昨今の進化したテクニカルなソロウクレレにも向いていないですね。

2.クラシック奏法
椅子に座って両足の間のくぼみにウクレレを立てて、ネックを極端に上に持ち上げて演奏する方法です。クラシックギタリストが使う弾き方ですね。ストラップをつけなくてもウクレレが安定する反面、ウクレレで一番コントロールする必要のある場所(0フレットからホールのあたりまでの間)が自分の体の左側にいってしまい、演奏しやすくするために自分の体や腰を曲げる必要があり、体に負担がかかってしまいます。

3.エレキ奏法
独学でエレキギターを弾いてウクレレに転向された方に多いのですが、ウクレレを自分の体の真ん中に置いて、地面と並行にネックを倒して演奏する奏法です。ピックを使ってストローク奏法をするには向いているのですが、この奏法もウクレレの演奏する場所(0フレットからホールのあたりまでの間)が自分の体の外側にいってしまいます。また左手でコードを押さえる際にネックが体の下の方にあるので、左手の自由度が下がり、難しいテンションコードなどが押さえづらいですね。

上記の3つが特に多い弾き方なのですが、ここまでをまとめると1.ウクレレを安定させつつ、2.右手が自由に使え、3.ウクレレのコントロール部分(0フレットからホールのあたりまでの間)が体の真ん中に来て、4.なおかつ左手も難しいコードが楽々押さえられ、5.体に負担のかからない持ち方がベストだと言う事がわかりました。

次回はその理想的な持ち方を説明していきたいと思います!



東京南荻窪Acousphere Studioにて現役プロミュージシャン達によるウクレレレッスンを開講しています!
1レッスン¥3000から¥4000で17:00-22:00の間で受講頂けます。
入会費、年会費などはありません。
初心者の方から丁寧にフォロー致します!

レッスンのお申し込み、お問い合わせの詳しいご案内はこちら!

初心者向けウクレレレッスン記事5選!

初心者向けウクレレレッスン記事5選!

ウクレレ初心者にお勧めのウクレレレッスン記事をまとめました!

ストロークのみの簡単な楽曲からフィンガーピッキングのソロウクレレまで入ったレッスン記事を集めましたので、是非ご覧ください!



Stand By Meを弾こう!
4つのコードしか出てこないシンプルな曲ですが、言わずとしれた名曲Stand By Meです!ウクレレで一番最初にやる曲にお勧めです!Tab、動画付きですので、是非トライしてみてください!
http://ukulelestudy.blogspot.jp/2012/10/stand-by-me.html

Let It Beを弾こう!
ストローク奏法と対比してアルペジオ奏法(弦をばらばらに指で弾く奏法)がありますが、スロウな楽曲に合う奏法ですので、是非練習してみてください!
http://ukulelestudy.blogspot.jp/2012/10/let-it-beby-beatles.html

ソロウクレレを弾こう!"Moon River"
フィンガーピッキング奏法を使ったソロウクレレです!伴奏スタイルに慣れたらこちらのソロウクレレにも挑戦してみてください!
http://ukulelestudy.blogspot.jp/2013/01/moon-river.html

ビートルズのI want to hold your handを弾こう!
ビートルズ初期の名曲I want to hold your handです。ピックを使っていますが、指を使ったストロークでも可能です。ダウンストロークのみで弾くとロックの雰囲気が出ますので、是非そちらにもトライしてみてください!
http://ukulelestudy.blogspot.jp/2014/03/i-want-to-hold-your-hand.html

オーバー・ザ・レインボウを弾こう!
ハワイのウクレレシンガー、Israel "IZ" Kamakawiwo'oleのヴァージョンのレッスン記事です。ハワイアンの雰囲気を持ったストロークをされたい方はこちらの楽曲を練習すると良いでしょう!
http://ukulelestudy.blogspot.jp/2012/12/somewhere-over-rainbow.html

ビートルズのI want to hold your handのコードレッスン動画が完成しました!

ビートルズのI want to hold your handのコードレッスン動画が完成しました!今回は新しい試みでスタジオライブ動画を撮り、その上にコード表を置いてみました。ライブ演奏とレッスンが同時に楽しめるビデオになったと思いますので、是非ご覧ください!

演奏の内容はやはりロックという事で、ピックを使ってダウンストロークのみで勢い良く演奏しています。オルタネイトストローク(上下交互にストロークする方法)はリズムを刻みやすい一番良いストローク方法ですが、音楽のジャンルによっては変えた方が雰囲気が出る場合が多々あります。是非ダウンストロークのみの演奏にトライしてみてください!


東京南荻窪Acousphere Studioにて現役プロミュージシャン達によるウクレレレッスンを開講しています!
1レッスン¥3000から¥4000で17:00-22:00の間で受講頂けます。
入会費、年会費などはありません。
初心者の方から丁寧にフォロー致します!

レッスンのお申し込み、お問い合わせの詳しいご案内はこちら!