The Long and Winding Road - The Beatlesをウクレレデュオアレンジ!

ソナスクライブのギタリストの林本陽介くんとウクレレでセッションしてみました!今回はThe BeatlesのThe Long and Winding Roadで、オーケストラバージョンの楽曲のアレンジを流用してみました。Bパートはそのおかげでクラシカルな雰囲気になりました!

僕はウクレレではLow-Gを使っているのですが、低い音がノーマルチューニングから増える分、伴奏の音色もどっしりして聞こえますね。僕はスタンダードなチューニングはLow-Gだと思っているくらい、そちらをメインに使っています。ソロウクレレもどっしり聞こえてくるのでウクレレをお持ちの方は是非Low-Gを試してみてください!

林本くんは音楽好きがこうじてロンドンへ渡英してしまうくらい、The Beatles愛が強く、このアレンジはThe Beatlesっぽくない、この音の動きなら大丈夫など強いこだわりがあります。いっしょに演奏していると音楽的に気にするポイントと同時にThe Beatlesファンとして気になる、というポイントなどがあって楽しいですね!

是非聴いてみてください!

ウクレレでウォーキングベース!


ウクレレでウォーキングベースを弾いてみました!

僕はウクレレのLow-G弦のセットを使っているのですが、そのおかげでウクレレでも低音が出てウォーキングベースを弾いても中々どっしり響いてくれます。 ウクレレではあんまりこういったプレイ(ベースラインを強調するようなプレイ)しませんが、無理矢理にでもやってみると中々面白い効果を発揮してくれます。

こういったウクレレでベースラインを弾く、なんてアイデアが閃いても自分の中の常識、ベースよりも2オクターブ以上音が高い楽器がベースラインなんて弾けるわけがない!みたいな常識がそのアイデアを否定しますが、最近はそんな事よりももっともっと面白い事をしよう、もっと馬鹿げた事をしようという欲求が強くなってきました。

見た事の無い、聞いた事の無いような演奏が出来るように頑張りたいですね!

Ukulele Lesson Cafe Solo - "When You Wish Upon a Star"の初心者向けソロウクレレを弾こう!ソロアレンジメントビギナー編

ウクレレレッスンカフェソロの新しい動画が出来ました!

今回はソナスクライブの林本くんにディズニーの有名な楽曲When You Wish Upon a Starを、親指1本で弾ける初心者向けにアレンジしてもらいました! Tab譜もありますので、ウクレレで3拍子の楽曲に是非挑戦してみてください!画像はクリックで大きくなります!