#ウクレレでLet it be(レットイットビー)by The Beatlesを弾こう!

今回はウクレレでLet it Beを弾いてみましょう!

Let it beはThe Beatlesの数ある名曲の内の一つで、ロンドンオリンピックでも流れた、誰しもが聞き覚えのあるメロディではないかと思います。

今回はその名曲を原曲の雰囲気をそのままにウクレレにアレンジしてみました。コードをみながら楽しんで弾けるレッスン動画も作りましたので是非ご覧ください。






Let it beはThe Beatles(ビートルズ)の数ある名曲の内の一つで、誰しもが聞き覚えのあるメロディではないかと思います。今回はその名曲を原曲の雰囲気をそのままにウクレレにアレンジしてみました。動画のコードをみながら楽しんで弾いてみてください。

ポイントとしては今回は指弾きでコードを弾いています。ピックで弾くようにジャカジャカ全部の弦を弾くのではなく、原曲のピアノの雰囲気を出すために各音を分散しながら弾いています。動画の弾き方のパターンではなく、いろいろな伴奏のパターンが考えられますので試してみてください!

この曲の難関はF,Em,Dm,Cとコードがすばやく変わっていく部分だとおもいます。ポイントとしてEmとDmはまったく同じ指使いですので、それを横にずらすだけです。またFとEmの指使いも共通点があるので、いかに楽に、最小限の指の押さえ方の変更で弾けるかいろいろ試してみてください!

[関連記事]
ウクレレでイズントシーラブリー(Isn't She Lovely)を弾こう!(動画付)
ウクレレでStand By Meを弾こう!
ウクレレでSomewhere Over The Rainbow(オーバー・ザ・レインボー)を弾こう!(動画付き)
ウクレレを簡単なポジションで弾こう!
Ibanezのウクレレ、UEW30RWEを購入してみた!



東京南荻窪Acousphere Studioにて現役プロミュージシャン達によるウクレレレッスンを開講しています!
1レッスン¥3000から¥4000で17:00-22:00の間で受講頂けます。
入会費、年会費などはありません。
初心者の方から丁寧にフォロー致します!

レッスンのお申し込み、お問い合わせの詳しいご案内はこちら!